実家の父親から、メモリ増設の依頼があって朝会津へ向かった。
県内は「暴風雪警報」が出ている空模様だったが、約束なので7時に自宅を出る。(その時は吹雪)実家までは約90分。磐梯山や猪苗代湖を眺めつつのドライブはもう何十回も繰り返しているが、吹雪のドライブは緊張するのだ。

中間地点の磐梯山がよく見えるエリアは「地吹雪」という現象がよくあって、強風で積もった雪が常に巻き上げられている状態がつづくので「一寸先は真っ白」。一度仕事で会津に行き、帰る時に「地吹雪」にあって50kmの距離を12時間かかったことがあった。その時は、バッテリーも上がってしまい大渋滞で1mmも前に進まず、死ぬかと思った。

その点、今日は路面は凍っているが、青空も見えていいドライブだったのだ。

晴れると、青空+白でほんとに美しい。実家では毎日のように年寄りが雪かきで、毎年のことながらうんざりした様子。四季がはっきりしている分、厳しいこともあるけれどいいところです。

磐梯山

磐梯山

ここを春になったらまた走るこころだ。