さて、パノラマである。
やっとである。GoogleのAppも試したのですが、パノラマ化に難があり断念。今回使用したAppは下記のページを参考に選択した。

前回のツーリングでは、Googleのアプリを使ってみたのだが、決定的なのはパノラマ写真のつなぎが雑で手ぶれスマホではうまくいかないことがわかった。
今回は、「パノラマ」というアプリでGoogleのように足下から空までとはいかないが、撮影が簡単で周辺の雰囲気もわかるしブログへの埋め込みもOK。(^^)

以下は、パノラマ写真です。クリックするとぐるーと周り始めますが自分でコントロールすることもできます。


↑郡山から会津へぬけた121号線へでる「下郷」の橋です。川は阿賀川(あががわ)で新潟の海につながっています。
左下の「info」をクリックすると地図が出ます。


↑会津田島で国道121号から352号で只見町へ向かう。途中、国重要文化財という寺の看板を目の端に見つけUターンして道をそれる。
寺の名は、「仏地山 成法時」(ぶっちざん じょうほうじ)。住職のいない山奥の里寺である。
茅葺きの観音堂が趣のある佇まいをみせているだけのなんのことはない寺。



↑只見町を過ぎた、会津塩沢近くの橋。
川に沿って走る「只見線」は平成23年の豪雨の被害を受けて未だに会津川口と只見間が普通になっている。乗ったことはないが、この風景をみながら電車にゆられるのは鉄族でなくても興味がわくというものだ。
参考URL



↑会津金山町、会津川口駅近くの橋。
只見川の川幅が広いので、このようなダイナミックな橋がいたるとことに見ることができる。



↑ ここはお気に入り。
会津金山 沼沢近くの「早戸駅」。国道252号から一段下がったところに無人駅がある。目の前は只見川、そしてトンネルが見えて情緒的な場所。誰もが遠い目になってしまところだ。



↑ 会津柳津近くの吊り橋。只見川は阿賀川に合流し新潟の日本海へそそいでいます。



↑ 当初のコースからはずれて、蕎麦を食べに49号から山都町に向かう。
帰りに磐越西線の鉄橋を下から撮影。ここは春と秋にSLが走る。

このパノラマ、自分ではいいなと思いました。そこにいる感じがあって。
また、川と橋というテーマもなかなかいいのではと。 自画自賛かとつっっこみは承知。(^^)おわり。