福島県立美術館で、プライスコレックション「江戸絵画の美と生命」を見てきました。

プライスコレックション

若冲だけではなくプライスさん夫婦が「いいね!」ボタンをクリックしたコレクションを展示しています。
ので、好みはありますが飽きさせません。
若冲といえば、あのモザイクで描かれた動物たち「鳥獣花木図屏風」が最後にどーんと展示してあります。これが江戸時代に描かれたものかと心底驚きます。現代アートであっても十分通用する力作!

私が一番気にいったのは、若冲ではなく谷鵬の「虎図」。

これらの日本画は、狭い紙の中でどれだけ広がりを持たせるか、立体に見せるか、動きを出すか、様々な工夫がなされグラフィックデザインの要素を多分に持っています。逆に、現在もその影響を受けているのだと思いますが。

9/23まで開催しています。この展示は「東日本大震災復興支援 特別展」というタイトルがついているとおり、ここ福島が最後の開催ですので、首都圏からも2時間で着いてしまいますのでぜひ、夏休みのイベントに加えてください。

そういえば、子供にもわかるよう「ひらがな」の多用で解説されていました。