夏休みも終わる時期だったので、猪苗代湖で漕いでみようとカヤックを車に乗せた。

震災からずっと使ってなかったので3年ぶりになる。放射線をおびた埃をはらって車載するまで陽が徐々に高くなり終わった頃はもう汗だくで「おはよう」から「こんにちは」という時間になってしまった。
何をどこに仕舞ったのかというところから始まったので、時間がかかったが猪苗代湖までは30分。
涼しい風がふいていた。
IMG_4442
夏休み最終日を楽しんでいる家族がぽつぽつとバーベキューや湖水浴をしていて、ときおり女の子のはしゃいだ声が響く。
ここからは手慣れたもので、ささーと湖上の人になる。水は温かく、ほどよく波もあり、秋の雲と夏の光がまじって湖面が光っている。疲れるまで沖へ漕いでまた岸近くへもどり、今度は岸沿いに漕いでまた戻るをくりかえしてカラダが温まったところで、慎重にロールしてみる。
忘れてはいなかった。自転車みたいなもんかな。ただ、ロールの種類は進歩なし!
こんなマニアックなカヤックのワークショップが北海道で9月開催されます。詳細は下記をご覧ください。
GUTS2014