芦が沢桜

芦が沢桜

三春は、郡山市の東にあり小さな山とも呼べないなだらかな起伏に富んだ地形の町だ。だから走っていたもぐるりと囲まれた山の上に転々とピンクのしだれ桜や赤や白の梅の姿をみたり、時には上から眺めたりと様々な景色を楽しむことができるところだ。
今年は、1月から薪作りのために毎月数回三春に通ったので道も覚え愛着がなお深まった。

で、桜である。
どこの桜を見てもいい感じだが、世間が褒めている桜を見てみようと南から北上して郡山へ戻るコースを計画して出発。曇り空で少し寒かったが乗ってしまえばライダーズハイになる。
動画最初の菜の花の桜は「芦が沢桜」。大きなしだれ桜が小さな道の上に咲いている。路面に集中していると見逃すかもしれないほど上で見下ろしている。生活の中にある「桜」は格別うつくしい。

動画のメインは、「雪村桜」。画僧だった雪村の庵があったと伝えられる場所に咲く桜は、絵のようにうつくしい。
庵の背景はみどりの竹林が屏風のようにひろがって、手前の桜の色をいっそう引き立てこの世の風景ではない。表現が陳腐だが、黒沢映画の演出セットのような完璧さがある。ここには毎年来てみようと思ったところだった。

おまけの動画は、郡山市西田町の天神夫婦桜の下で近所の年寄りがカラオケ宴会を開催中の模様。これもまたいい桜と人の風景だった。
いい季節のはじまりはいい景色との出会いでスタートした。