季節が呼ぶのでエストレヤツーリング。NHKの朝ドラ2014年下半期は、ニッカの創始者竹鶴政孝の妻「リタ」のドラマです。ということで「宮城峡」へ行くことにした。
宮城峡は数年前の冬に初めていったことがあり新鮮味はないのですが、エストレヤででかける理由には十分です。
さて高速道で向かったのですが、やっぱつらい。高速は。みなさんのエストレヤはどうかわかりませんが、 shinのエストレヤは 80 km/h が巡航速度なので、全ての乗り物に追い越されます。かなりご迷惑をかけているようでした。

IMG_4338宮城峡には3時間ほどで到着。
敷地内の桜がまさに満開状態で、冬来たときには一面の雪だったのでシーンが突然変わったような印象でびっくり。見学コースは1度見ているので、まっすぐ目的のショップへ行こうか迷ってのですが周囲に流され見学へ。内容はつまらないのですが映像が撮れたのでよしとします。

桜咲く宮城峡を後にして、山形経由で帰ることにしました。
寒河江市の「慈恩寺」をちょっと見てみたいと思っていたので、まっすぐ48号線を天童方面へ。市外の高台に大きな茅葺きのお寺が慈恩寺(じおんじ)でした。田舎の会津のお寺にも茅葺きが結構あるのですが、ここはその大きさが「でかい」。それから、文化財の数も平安〜鎌倉のものがずらずら〜と。見応えがあります。
6/1からは、さらに本尊などの秘仏の公開があるそうです。
今日は偵察なので、帰り時間を気にしつつちゃちゃと見て引き上げました。

宮城峡よりこっちがメインになってしましたツーリングでした。