7月7日(土)快晴 梅雨明け前の清々しい天気

前回の新潟方面行きに気をよくしたので、再び西を目指すことにした。

毎度おなじみの喜多方経由で米沢、川西町から米坂線にそつて進む国道113号で新潟県村上市まで行く計画を立てた。Google Mapsにたずねてみると、190km4時間ぐらいとのこと。日帰り限界点エリアですが未開の地なので「GO」の判定。
ちょっと早めで8時前に出発。服装はGジャンの下に半袖。交通量が少ない道を選ぶのでいつも同じ道になってしまうが仕方がない。
県道6号を猪苗代湖を目指し、猪苗代湖に沿って進んで国道49号へでる。県道7号へそれて喜多方へ向かう。ここは私のゴールデンルートです。ラーメンに目をくれず国道121号を北上して米沢方面へ。(動画は帰りの映像)

大峠を米沢へ向かつている時に、どうもいつもの体調ぢゃない感じがして急に村上まで行く気がしなくなってしまつた。こんな時は直感にしたがつて行動するのが「吉」だと思つてゐるので、あつさりと計画を変更します。米沢が近ひので上杉神社に立ち寄つて引き返し、喜多方市山都町で蕎麦を食べて帰へることにします。
DCIM100GOPRO
上杉神社は、思つたよりこぢんまりとして観光客もさほどでもありません。朱印帳を忘れたので、社殿には行かずに「宝物殿」を見学して、玉コンをいただき廟へ立ち寄つて米沢を後にします。この「廟」の雰囲気がよかつたです。歴代の藩主が祀られている建物(何といふのか)が並んでいるだけなんですが、時代を超へ時間がつながる気がします。
DCIM100GOPRO
喜多方市内から山都町へ行く道が3つあるのですが、国道(459号)を行くことにします。いつも使つている道は喜多方市の南側、県道16号ですが、今回は数十年ぶりに国道459号線を使ひました。(動画の細い山道)冬はきつと厳しい道なんでしょうが、この時期はさわさわと気持ちがいい道です。道幅が狭いのでバイクぢやなかつたら通おろうとは思わない道ですね。
峠を下り終わる頃、田んぼと民家が見えるのですが(動画ではバイクを止めました 1:08)、一寸見とれる風景でした。
今回のハイライトは、この国道459号でした。時間や季節を変えてまた来てみます。